2006年02月23日

懐かしいCONTAX TVS

日々NikonのD70を愛する努力をしているが、
故障や不調続きのD70に最近嫌気がさしてきた。
先日ヨドバシでD200を見てきたら、やっぱりいいな・・。
D2はさすがに大きくて重くて大変そうなので買う気はないが、
D200はしっかりとグレードを感じさせてくれるカメラだ。
イイ! 欲しい。

そうなってくると、D70はボディーもプラスチックだし、
露出制御は相変わらず時々おかしくなるし、シャッター切れないことあるし、
道具として愛しきれないのである。
D2は昔のFシリーズのデジタル版、
D200は昔のF90とかのデジタル版なわけだが、
D70は? ましてD50に至っては、銀塩時代は存在さえ許されなかった
安価なカメラと言えよう。

デジタル時代の前はF90xとコンパクトカメラはCONTAXのTVS兇鮖箸辰討い拭
どちらも品と格式を保った良いカメラであった。
この二台さえあれば日常も旅行も全てオッケーだった。

久々にCONTAXのTVS兇鮗茲蟒个靴討澆拭
チタンボディーで、CONTAXの高級コンパクトカメラの最終形と言えるカメラだ。
35mm-56mmという奥ゆかしい焦点距離が意味ありげでマニア心をくすぐる。
コンパクトという割りにはデカくて、少し暗い色調の写真が、よく言えば
落ち着いた色調の写真が撮れる。
カールツァイスって人気があるが、芸術写真が撮れちゃうような気にさせて
くれるレンズなのだ。
下の写真はD70にAi Nikkor 50mm f1.4を付けて撮ったTVS兇琉Δ垢戮ボディー。
contax





Nikkor 50mm F1.4は前から持っていたレンズだが、D70を買って付けてみて
一番感動したレンズであった。
デジタルで75mm換算になるしボケ味もきれいだし、ポートレートでは非常に
よく使っている。
上の写真を見てもこの焦点距離の浅さはf1.4ならでは。まさに男のレンズと呼べる。
ズームはこれまた銀塩時代から愛用のトキナー28mm-105mm F2.8を重いけど使っている。
D70にセットで付いてきた暗〜い安物ズーム(ED 18〜70mm F3.5-4.5G)は結局使っていない。
室内では全然綺麗に取れないし、ストロボ撮影は絶望的だし、夕方とかなるともうダメだし、
ポートレートも撮れないし・・・・。
ああいうレンズは観光旅行で日中に景色撮るの専用と割り切るしかなさそうだ。
これからD70を買う人には、レンズキットじゃなくボディー単体で買い、
レンズはたとえトキナーやオムロンでも二八をお薦めしたい。
やはりりレンズは明るくてなんぼだと思う。デジタルであっても。
レンズキット買うくらいなら、私のED 18〜70mm F3.5-4.5G(新品同様/美品)
を1万円で売ってあげます。(笑)

下の写真はD70/Ai Nikkor 50mm f1.4で自分を鏡に写して撮った。
開放だとこのくらいボケる。やっぱりf1.4はいい。
D200買えないんだから、しばらくはD70に色々レンズ付けて頑張るしかないのだ。
でもいいな、欲しいなD200。誰か買ってください!
買ってくれたら1週間、お宅の晩メシ時にBGMでチェロ弾きます(爆)
nikon


Posted by arakihitoshi at 00:06│Comments(0)││カメラ・パソコン 

コメントする

名前
 
  絵文字