2006年06月27日

mixiを見直す

今日は「 hibi.N」という雑誌の取材を受けた後、いよいよ29日に迫ったノンノン・マリアS.Q.の練習日であった。
「 hibi.N」は季刊の雑誌で私も初めて知ったのだが写真主体のお洒落な雑誌。「好きなことを仕事にしたら・・」みたいな特集で記者さんの目に私が止ったようだ。
お洒落とはいえメジャーとは言えない雑誌だし、取材にいらした記者さんもカメラマンさんこそが「好きなことを仕事にした人」。
好きなことを仕事にするって経済的にも精神的にも大変ですよね〜〜。とすっかり意気投合した。
7月の末頃に書店に並ぶそうなので是非お買い求め下さい。

ところで先日のブログでmixiに否定的な意見を書いてしまったが、今日の記者さんとたまたまmixiの話しになり、早速mixiのメッセージで業務連絡が来た。
共通の知り合いなんぞも見つかり、参加しているコミュニティーやブログの内容から話題も広がる。・・・なるほど、こういう使い方をすると実に便利なのか。今ごろ気が付いた。
mixiの利用者は350万人とのこと。最近知りあう人は殆ど全てmixi名を持っている。

素性を明かして参加する点は、昔のniftyのフォーラムやパティオに似ていなくもない。だとすると匿名で行くより実名で行ったほうが知り合いも探しやすいし便利なのかもしれない。
mixiの使い方を少し見直して見ようと思った。

さて、ノンノン・マリアであるが、チラシ等でアナウンス済みではあるが、福井さんが病気のためセカンドヴァイオリンを土井奏さんに代役をお願いしての演奏会である。
土井くんも私たちと共演回数も多く気心のしれたヴァイオリニストである。
5月から練習を重ねて特に武満は是非聞いていただきたい。
武満は今までの演奏家人生で一番アンサンブルが難しいと思った曲とういのがメンバー共通の感想である。とにかく激ムズであった。
しかし噛めば噛むほど味の出る素晴らしい曲でもあった。

河の水の流れを4本の弦楽器で表現した曲で、英語の海(sea)をEs-E-Aの音列に置き換え、最後は海原にたどり着く。
時に寄り添い、時に激しくぶつかり合いながら生き物のように有機的に流れる水を表現した曲であり、武満の生涯のテーマであった”水”と”海”が弦楽四重奏で表現された唯一の曲である。
ちなみに作曲者が弦楽合奏に編曲した”ア・ウェイ・ア・ローン供匹牢箴觜之と札幌交響楽団によって初演されている。

6月29日 ザ・ルーテルホール 午後7時開演
是非ご来場願いたい。



Posted by arakihitoshi at 01:22│Comments(0)││雑感 

コメントする

名前
 
  絵文字