2007年07月13日

スポーティーな野郎

ジム通いをはじめてもうすぐ1年になる。
最初は輝かしい肉体のベテランジムラーたちに見下され蔑まれ、足蹴にされてもいい。くじけないわ・・・、と悲愴な覚悟で通いはじめたが、そろそろ私が見下す番になってもいい頃だ。

当初は1年も通えばキムタクのようなガリマッチョな肉体を手に入れられるかと思ったが、やはり40年間の運動不足が1年でチャラになるほど甘くはなかった。
それでもジム通いの優先順位を思いっきり引き上げて、どんなに忙しくても週に2回きっちりと通った。ガリマッチョとはいかないがそれなりに効果はあったかもしれない。少なくとも健康にはなった(これが本来の目的なのだが)。

健康になって体力にすこし自信がつくと、なによりも意識が変わる。
誰がどう見てもインドア派の私だったが、最近は屋外に目が向くようになった。
5月から家庭菜園なんぞを始めてしまった。そろそろキュウリや茄子の収穫が始まっている。
以前の私だったら菜園と言えば、煙草を栽培して家の押し入れで陰干ししている方が似合っていだだろう・・・。

そして、雪が溶けてからはすぐ近くの藻岩山登山道などを歩くようになった。ジムのお蔭で体が軽い。
以前の私だったら、山歩きと言うよりは自生している大麻を探して山林に分け入り遭難しかかる、という方が似合っていたかもしれない。

さらに、最近念願のカヌー(2人乗り)を買ってこないだ支笏湖に初乗りに行った。
組み立て式のカヌーで車のトランクにも入る。昔友人に乗せてもらった事がある。どこにでもある普通の川が、カヌーからの視線で見ると木々が川面に被い被さりジャングルのような景色に変わる。
子供たちを乗せてやるのが主目的だが、パドル操作など繊細でなかなか奥が深そうだ。

以前の私だったら無理して屋外に行っても、照りつける太陽の下で思いっきりノートパソコンを操作しそうだったが・・・。
インドアなヲタクからスポーティーな野郎へと人格まで変わってしまった気がする。
果たしてこれで良かったのだろうか・・。Gパンもすっかり履きなれてしまったし。
だが、体力がつくと仕事を含めいろいろな物事への考え方もポジティプになった気がする。やはりこれで良かったのだろう。

もうすぐ海水浴シーズンである。
今年は周りの客が引く程の巨大砂城とかを作るのはやめて、スポーティーにエンジョイしよう。

カヌー





<カヌー初乗り>
スポーティーな野郎といえばやはりピースサインである。

Posted by arakihitoshi at 16:37│Comments(2)││雑感 
この記事へのコメント
おおおっっっ!!
遂にカヌー野郎に成り上がりましたね。
なかなか似合ってるじゃありませんか。
これからは、肉体派プレーヤーで売り出しましょう。
Posted by マスター at 2007年07月14日 13:42
うっす!
ついにカヌー野郎になりあがったっす。
肉体派プレイヤァーとしてのご指導よろしくおねがいしますっす!!
Posted by あらき at 2007年07月14日 15:47

コメントする

名前
 
  絵文字