2007年11月02日

宇宙大作戦 第302話 『1級免許交付』

宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは人類最初の試みとして、5年間の調査旅行に飛び立った宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である。

恒星日誌、宇宙歴0401.1101 ・・・・しつこい?(^_^;)
エンタープライズの指揮をスポックに任せ、私は1級小型船舶操縦免許交付の手続きのため小樽に転送された。

今日は1級小型操縦士免許の合格発表日であった。
10時の合格発表が終わると国から免許試験を委任されているJMRAから「合格証明書」というのが発行される。それを持って運輸局に行き免許交付の手続きをする。すると免許は5分ほどで即時交付される。ちなみに2級の免許は国土交通大臣の印の部分に穴を空けて返してくれた。
(下はめでたく取得した1級小型船舶操縦士免許 \(^o^)/ )
1級免許






JMRAも運輸局の海事関係の窓口も小樽にあるので朝から小樽に向かった。
JMRAは旧日銀の向いにある超レトロな雑居ビルにある。受付の女性の他は奥の方に事務をしているオジサンが一人。そのオジサン、よく見ると2級試験の時に実技の試験官で1級の時は学科の試験官をしていた人だった。

窓口で手続きをしていると外から別のオジサンが入ってきた。
私を見て「あ、こんにちは」と言うので見てみると、2級の時に通ったボートスクールの先生だった(例の「女だったら抱かれてもいい!」と思った人・・、やはり街でみかけても全くときめかない(笑))

それにしても、どこに行っても同じ顔ばかり見かける。しかも役者は全部で5人くらい。どうやら異様に狭い世界のようだ・・。


合格証明書を受け取り、小樽合同庁舎にある運輸局に向かう。
ここも恐ろしくレトロな建物である。ディズニーランド状態の小樽運河から一歩海側に入ると街並み自体がレトロ。さびれた感じの懐かしい小樽の雰囲気が漂う。
免許は申請用紙に名前などを記入した後、売店で2,000円の印紙を買っているあいだに出来上がっていた。手続きはあっけないほど簡単であった。

レトロなエレベーターで最上階(6F)にある食堂に向かう。
ここもまたレトロな食堂だったが、港が一望できて眺めが素晴らしい。超ド級の穴場である。
食堂






カツカレー(450円)を食べおわり再びエレベーターに乗った。
入国管理事務所や検疫所の表示もあり小樽が国際港であることが改めて思い出された。

ボートスクールに通うと2級(旧4級)から1級へのステップアップは4万円〜5万円くらいかかるところが、自力でやったので
申請料  5,900円
テキスト 1,000円
問題集  800円
コンパス・デバイダー 1,500円
30cm三角定規1セット 500円
練習用海図 150円×2
交付手数料 2,000円

計 12,000円で済んだ。


免許も手に入ったし、ゴーシュ12月号の原稿もさっき書きおわったし、今日は良い日であった。


(エンタープライズ号のコックピットにて)
船長    変わりはなかったか? スポック
スポック  おかえりなさい、船長。免許取得おめでとうございます。
船長    なかなか大変だったぞ、スポック。しかしこれで私も晴れて外洋に行ける免許を手にしたわけだ。
スポック  そうですね。しかし船長、小樽マリーナのレンタルボートはたしか積丹周辺までしか航行してはいけない決まりでしょう。
船長    そこが悩みだ。果たして私に1級免許は必要だったのか・・・・
スポック  その通りです。今後船長が1000万円以上する大型クルーザーを購入し、年間数十万円かかるマリーナの係留費をねん出できるほど裕福になれる可能性は・・・・、そう、1億2千551万分の1ほどですね。
船長    それを言うな、スポック。夢から覚めるじゃないか。



Posted by arakihitoshi at 00:32│Comments(9)││カヌー・船舶 
この記事へのコメント
5
いつも大変楽しく拝見させていただいてます・・・・・

とくに今回のスタートレックネタ・・・・
宇宙大作戦、のタイトルにこだわりを感じさせて頂いてますが・・・・

でも、大人になってから、また勉強して試験を受けてって、
想像以上に、モチベーションを維持するのが難しそうで・・・
本当に、すごいなぁと、思っております。

免許取得おめでとうございます!!

私も、仕事を言い訳に最近、楽器の練習をさぼっており・・・・
荒木さんを見習って、仕事との両立に励みたいと思います。

これからも、楽しい音楽と、楽しいお船のおはなし、待っています。

では、失礼いたします。

P.S.個人的にはnext generation世代なので、
今度は、ライカーや、データとのやり取りも見てみたいのですが・・・・
・・・・・宇宙大作戦だし、きっと・・・・・だめですよね・・・・・
Posted by きたねこ at 2007年11月02日 13:16
コメントありがとうございます!

そうですね。ピカード艦長やデータたちは一応見てはいたのですが、いまひとつです。スポックたちの宇宙大作戦も見たのは再放送だったのですが、やはり最初に見たのが印象深いですよね。

学校から帰って4時から中村梅の助の遠山の金さんを見て、5時から宇宙大作戦というのがわたしのゴールデンタイムでした(笑)。
Posted by あらき at 2007年11月02日 23:10
久しぶりにこちらのブログも拝見し、スタートレックネタに反応してしまいました。スポックのレナード・ニモイさんやカーク役のウイリアム・シャトナーさんはご存命でしたっけ?確かスコッティ役の…(スイマセンお名前忘れた)の遺骨は宇宙へロケットで旅立ったのでは…。やはり宇宙大作戦はこのシリーズかなあとオールドファンは思ってしまいます(きたねこ様ごめんなさい)。このシリーズは映画の第六作まで全て持っています。また、ちょうど衛星でこのテレビシリーズを放送しているので毎回録画しています。映像の古さはともかくストーリーや特撮そのものは古さを感じませんよね。ところで、荒木先生が召しがった450円のカツカレーというのも気になりますなあ(笑い)。
Posted by 横尾@長野県安曇野 at 2007年11月03日 00:28
こちらではお初ですね(笑)>横尾さん
やはり初代スタートレックに反応してしまいますよね。
ガンダムとスタトレは何といっても初代です。

10年ほど前でしょうか。ニモイがエンジニアリング・ニッキとかいう日本の会社のCMに出てましたが、髪型とメイクはスポックそのもので、スーツ姿でエレベーターに乗り片まゆ毛をキコっと上げるあの顔をやった時にはTVの前で萌え死にました。

ご存命なんでしょうかね・・。またキコっをやってほしいです。
Posted by あらき at 2007年11月03日 00:59
おめでとうございました(^^)

小樽の海運局・・・懐かしいですねぇ。食堂も変わらず。

ワタシも2日にお台場の海運支局で免許更新してきました。車の運転免許証と違って、持ち込み写真がプリントされるのが微妙に安心感があります(笑)
Posted by CRAZY-K at 2007年11月03日 04:12
船長、1級免許取得おめでとう。先日の日本海デビューもトラブル無く我々もホッとしているよ。もし洋上で困難な事態に遭遇した場合は118番だ。海保経由で国際救助隊に出動要請が来る手筈になっている。携帯が通じない場合も、君からのSOS(手旗可)を軌道上の5号で確認するだろう。ともあれ、宇宙での激務に疲れたらまた海に浮かんでみるのもいいだろう。BGMにユウゾー・カヤマの唄が必要な場合はレディ・ペネロープに電話するといい。確かCDを持っていたはずだ。では、エンタープライズ号の諸氏にも宜しく。近くに来る時はぜひうちの島にも寄ってくれたまえ。
P.S.この地球には「宝くじ」という即席富豪生産制度がある事を忘れてはいけない。もし君がこれを購入する事を合わせて考えると、裕福になる可能性も少しは大きくなるだろう。 fromジェフ・トレーシー
Posted by ごまふ at 2007年11月06日 00:12
ジェフ、ご自慢の息子たちは元気かね?
つい一昨日、地球時間の11月2日の演奏会でマエストロ・オタカの指揮で君たちのテーマ曲を演奏したばかりだよ。

万が一私のプレジャーボートが遭難した時にはぜひ君たちの2号で救出してくれたまえ。あの巨大カメムシのような、空飛ぶ体育館のような色と形は無気味で好きだったぞ。
Posted by あらき at 2007年11月06日 01:01
すごいですね。おめでとうございます。これで海上なら世界中どこへでも行ける訳です。一家の長にして船長さんか。一段と箔がついたステージが楽しみです。
Posted by 海の老人 at 2007年11月07日 10:00
ありがとうございます!
こんどご一緒に船いかがですか? スポックの役でよければ(笑)。
Posted by あらき at 2007年11月08日 01:20

コメントする

名前
 
  絵文字