2013年06月17日

mac win 外付けHDD 共有 exFAT フォーマット 備忘録

最近はすっかりブログを更新しないニンゲンになってしまいました・・・
すいません! ブログの神様!

というわけで、今日もブログの更新とは呼べない更新です。

windowsとmacで外付けハードディスクを共有したいときの忘備録。

先日macbookairとwindowsデスクトップで共有する目的で外付けHDD(WD Passport for mac)を購入したのですが、共有させるまで手間取ったのでその手順を書きます。
ネットで検索したのですが、断片的で不完全な情報しかなくお手上げでした。

<最終的にmacでもwinでも読み書きできるexFAT形式で外付けHDDをフォーマットする。>

そのためには、

1)winに外付けHDDを接続(この時点でのHDDのフォーマットは形式はなんでもよい)
2)winのディスクの管理(コンピュータ→右クリ→管理→ディスクの管理)でボリュームの削除
3)macに外付けHDDを接続
4)macのディスクユーティリティー(ファインダー→アプリケーション→ユーティリティー→ディスクユーティリティー)で、消去タグ→フォーマットでexFATを選択し、「消去」をクリック。

以上です。

winのディスク管理の過程をオミットしてwinでexFATでフォーマットしてもwin機でHDDが認識されなかったり、macでMSーDOS(FAT)でフォーマットしてからはwin機でexFATを選択できなかったりといろいろ苦労しました。
要するに、「外付けHDDの領域を解除してからじゃないとexFATは認識されない」ということのようです・・、よく分かりませんが・・。

上記の方法で私のWD Passport for macはwinでもmacでもめでたく読み書き出来るようになりました。


Posted by arakihitoshi at 01:02│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arakihitoshi/52117809

コメントする

名前
 
  絵文字